住宅メーカーについて知ろう

このサイトではこれからマイホーム計画を立てようとしている方に向けて、住宅メーカーに見積もりを出してもらった場合に比較するべきポイントを詳しく紹介しています。
知るべきポイント以外にも、メーカーに対して支払う手付金の相場や、単価は何を根拠にして決まるのか、提携ローンを選ぶメリットや増築しやすい家づくりに必要なポイントなども詳しく紹介します。様々な住宅に関する情報を調べて、しっかり対策を取りようにしましょう。

見積もりの比較ポイント

見積もりの比較ポイント 複数の住宅メーカーから見積もりを取ることは、住宅購入をする際にコスト面で妥協しないためにも重要なポイントになります。まず複数の住宅メーカーで見積もりを出してもらう理由は、住宅購入にかかる費用の相場を自分で知るためであり、正確な予算を組むために必要です。しかし手当たりしだいに見積り依頼をするのは適しておらず、数が多くなるほど打ち合わせの回数が増えて比較材料も多くなるので、混乱してしまう原因になります。
そのため最低でも3社はピックアップして、それぞれの見積もりをとってから項目ごとにチェックしましょう。ではチェックするべきポイントには、会社側に予算感を正確に伝えることにあります。そうすることで担当者から提案されるプランも違いが出てきます。また予算金額の考え方も大切なポイントであり、建築や契約にかかる費用だけではなく家具などの購入費用など後から必要となる資金を考えて無理のない金額に伝えましょう。

フランチャイズ式の住宅メーカーの契約金について

フランチャイズ式の住宅メーカーの契約金について 住宅メーカーのなかには、大手ハウスメーカーの傘下となってる会社があります。一般的にはフランチャイズ式と呼ばれており、コンビニのように経営者が毎月一定の契約金を支払って、大手企業のブランド名を借用しているわけです。ここでは、そのフランチャイズとなっている住宅メーカーの契約金の内訳について見ていきましょう。
契約金は各社で異なりますが、相場としては約60万円となっていました。ブランド名を貸すだけでなく、制服から接客マニュアル・建物の建設方法といった情報も公開されており、契約をすることでこれらのサービスを受けることができます。住宅メーカーを利用する消費者にとってもっとも必要なことは、信頼できる安心感でしょう。地方でしか名前が知られていない会社よりも、全国的な知名度を持つところを活用した方が、高い買い物をしやすいです。住宅メーカーにとって顧客を獲得するためには、大手と手を組む方が利口と考えるところも多いものです。毎月一定の資金を提示しないといけませんが、それ以上に得られるメリットが大きいことがわかります。なお、住宅メーカーによっては、各自で自由な運営をなされているところもあり、この場合でも活用しやすい環境があります。

住宅メーカーの情報サイト

住宅メーカー