住宅メーカーについて知ろう

住宅メーカーの手付金はいくら?

住宅メーカーの手付金はいくら? どんな買い物でも、ローンを組んで購入するには手付金が必要です。住宅でも同じであり、一般的な買い物と比べてお高くなるのがポイントです。そこでここでは、住宅メーカーごとの手付け金の相場について詳しく見ていくことにしましょう。
計3つのメーカーにスポットを当てたところ、約150万円が相場でした。この金額を算出するには、4人家族向けの100平方メートルの住まいをモデルにしています。1社だけ20万円という破格のお値段を提示した住宅メーカーがありましたが、この金額は35年ローンの中で毎年ボーナスで200万円を支払うことを条件にされていました。それ以外では年1回のボーナス払いで35年となるので、手付金も必然的に高くなるわけです。この費用を用意出来ないとローンが組めないので、住まいを買い求めるときはさきに手付け金を準備することからスタートをします。現金一括払いということも覚えて置き、しっかりと蓄えていかないといけません。

低価格帯の建築プランの活用法

低価格帯の建築プランの活用法 施主のニーズに合わせて最適な建築プランを紹介できるのが、規模の大きな住宅メーカーの強みです。したがってハイグレードな注文住宅を建ててもらうこともできますが、低価格帯のシンプルな施工内容を選ぶことも可能です。
特に住宅メーカーの格安なプランを選んでいるのは、自己資金や収入が比較的少ない30歳前後の人たちです。また賃貸物件から一戸建てに住み替えるときにも、建築コストが割安な施工内容を選ぶ傾向が強いです。しかし建築費用が割安なプランは、設備のグレードがあまり高くないのが実情です。けれどもオプションを活用すると、室内をお洒落にしたり設備の質を高めることができます。更に自家用車を持っている人が家を建てるときには、駐車スペースにもこだわることが重要です。ビルトインガレージ付きのプランを選ぶと、敷地が小さくてもマイカーを収納することができます。低価格な一戸建て住宅は建物がシンプルなので、将来的な大規模修繕のコストも抑えられます。