住宅メーカーについて知ろう

提携ローンを選ぶメリット

提携ローンを選ぶメリット 住宅メーカーの提携ローンとは、住宅メーカーと金融機関が提携契約を結んで、一般的な内容よりも有利な条件や特別な手続きを定めているローンのことです。この契約を結ぶと住宅メーカーは申込書類を金融機関に取り次ぐことができますし、審査結果も金融機関から直接受け取ることができます。
このシステムを利用する場合のもっとも大きなメリットは抵当権設定前実行が可能になることであり、早期に金利の確定ができます。通常の適用金利は融資実行のタイミングとなるため、建物が完成した時になりますが、家を建てるために必要な期間は長いので建築中に金利が上昇するのではないかと不安に感じる人も多いようです。建築確認のタイミングで融資が実行されると、その後に金利が上がることを心配する必要はない、ちょうど良い時を見計らって組めるので安心です。この契約を結ばない場合、つなぎ融資を検討せざるを得ないケースも少なくありませんので、住宅を購入する際には提携ローンについてしっかりと学んでおくと良いでしょう。

住宅メーカーで割引してもらうための知識

住宅メーカーで割引してもらうための知識 住宅メーカーでは割引してもらうことが可能であり、相場は5%程度とされています。5%といっても住宅購入は非常に大きな金額になりますので、利用しない手はありません。例えば3千万円の家なら150万円が値引きされ、2千万円の家でも100万円安くなります。
交渉可能かは住宅メーカーによっても異なるため、過去に例がないかを調べるのもお勧めです。狙い時は決算の時期であり、どこの住宅メーカーでも決算が近づいてくるとキャンペーンにも力が入ります。それ以外の時期でも交渉はできますので、まずは話を聞いてみましょう。
一般的に家の売れる時期と売れない時期とがあり、売れない時期も非常に狙い目です。売れない時期は交渉がしやすく、営業マンの方も少々の無理はきいてくれます。いくつかに見積もりを出してもらって住宅メーカー同士を比較する方法もあり、比較をしていることが分かるとそれぞれが値引きを前提に交渉を進めてくることもあります。