住宅メーカーについて知ろう

住宅メーカーの単価は何で決まる?

住宅メーカーの単価は何で決まる? 家を建てるとき、その施工費はどんな家であっても統一されるわけではありません。簡単にいえば、定価というものが家には存在していないというわけです。ではどのようにして住宅メーカーでは単価を決めているのでしょうか。それは坪と周辺環境、そして国交省が毎年発表をしている地価を参考にしているわけです。計4つの住宅メーカーを参考にすると、都内では1坪あたり約15万円の価格となるので、これを参考にして建売住宅を販売されていることがわかりました。なお、この価格はあくまでも東京に限るもので、地方に行くとさらにお安い費用を提示されるでしょう。住宅メーカーでは定期的に地価の調査をなされており、単価も定期的に変更されています。その結果は各社公式ホームページで目にすることができるので、これから住まいをもうけようという方は積極的に見ていくことをおすすめします。住宅メーカーであれば、正確な費用を提示してくれるので、安心して建設ができます。

住宅メーカーの代表的な建築プランの値段とは

住宅メーカーの代表的な建築プランの値段とは 平均的なサラリーマン層が購入可能な住宅価格は4000万円程度であり、住宅メーカーもニーズに合った建築プランを用意しています。そのために建物本体の値段が2000万円程度の商品が大人気であり、特に育ち盛りの子供がいる家庭の需要が大きいです。しかし地域によって敷地面積が異なるので、条件に合った住宅メーカーを見つける必要があります。特に人口が集まる大都市で家を建てるときには、三階建ての住宅に強いメーカーを活用することが重要です。三階建て住宅の値段は多少割高ですが、小さな敷地を有効に利用できるメリットもあります。一方で郊外のベッドタウンであれば、広い敷地が生かせる二階建て住宅を選ぶことが多いです。ローコスト住宅の会社であれば、1500万円程度で質の高い建築プランを示すことができます。けれども少子化や高齢化の流れを受けて、平屋建ての住まいへの需要も強まっています。平屋建て住宅は工期が短いので、すぐに入居できるメリットも大きいです。